前へ
次へ

労働相談はどこにすれば良いのか

残業代の未払いやパワハラ・セクハラなど、働いていると様々な労働問題にぶつかることもあります。
そんな時

more

肩を触れられて気分が悪いなら労働相談する

友人同士が廊下ですれ違う時、コミュニケーションやスキンシップの一環として手を合わせたり肩をたたいたり

more

労働基準監督署での労働相談

労働相談はまず、労働基準監督署で行なうことが多いです。
契約や賃金に労災など、労働基準法に関することで

more

労働相談なら無料で使える相談窓口へ

労働相談窓口はいくつかありますが、労働基準監督署以外にも相談できる場所があるので紹介します。
「みんなの人権110番」は、全国共通人権相談ダイヤルです。
労働基準監督署は厚生労働省の管轄ですが、こちらの管轄は法務省となり、主に人権侵害に対応している相談窓口です。
人権侵害と聞くと世界的規模の社会問題に感じるかもしれませんが、職場で起こりえるパワーハラスメントや差別などはれっきとした人権問題です。
相談方法は面談や電話、インターネットで、利用料金はかかりません。
電話は平日8:30〜17:15までですが、メールなら24時間受け付けていますのでまずは相談してみましょう。
女性の場合、女性の人権ホットラインという専用窓口もあります。
セクシャルハラスメントや妊娠中の嫌がらせなどがあった場合、専門で相談することもできます。
もうひとつが「こころの耳」です。
こちらは働くすべての人のためのメンタルヘルスポータルサイトです。
労働相談だけでなく悩みや不安など、精神的な問題を抱えた場合に利用できます。
また、メンタルヘルスの情報提供を受けることもできるため、不調を感じたときにストレスのセルフチェックなども実施できます。
相談方法は電話とメールで、利用料金はかかりません。
電話は月曜と火曜が17:00〜22:00で、土曜と日曜が10:00〜16:00です。
メールは24時間なので、とにかく誰かに話を聞いてほしいという人でも利用できますし、当事者本人ではなく、家族が相談をすることもできるのが特徴です。
ただし、こころの耳を利用するにあたり、病気治療がおこなえるわけではないのでそこはあらかじめ注意しましょう。
病気の診断も治療もできませんし、医療機関への紹介などもおこなえません。
すでに病気と思われる症状が出ているなら、適切な医療機関を受診し、専門のカウンセリングを利用するほうが優先です。
こちらではあくまでも労働相談の範疇で、人間関係の悩みや仕事の悩みなどを相談できる先と認識しましょう。

業界最安値の除菌水
ジーアならどこよりもお安くご利用いただけます

家 傾き
家の傾き修正を専門にしている株式会社西川です

低価格で高品質なフローリングコーティング・フロアコーディング
第三者機関での高い安全性・高性能評価を得ており自社施工のため中間マージンもかからないため、他社よりも低価格でフローリングコーディングの施工ができます。

大阪にある宅配クリーニングを依頼できる会社
家事や仕事で忙しくて店舗への持ち込み・引き取りが難しい方でも自宅まで取りに来てくれるので楽にクリーニングの依頼ができます。

東京にある安心して宅配クリーニングを依頼できる会社
集配も無料できれいに仕上げてくれますし、万が一の時の保障もあるので安心してクリーニングをおまかせできます。

Page Top